映像作品の公募について[終了]

富山水辺の映像祭2008 では、以下の通り映像作品の公募を行いました。
受付けは終了いたしました。沢山のご応募誠にありがとうございました。

○募集期間
2008年8月1日(金)〜2008年10月17日(金)(10月17日必着)

○募集作品の概要
メインテーマ「今、ここにいる -Think home」

募集部門
 A. 一般映像部門 5分以内
 B. 携帯ムービー部門 30秒以内
A、Bともにメインテーマをもとにした映像作品としてください。
※ 作品の制作にあたり、主催者が用意した富山に関する映像、及び画像素材ダウンロードして制作に使用してもよいものとします。詳細は「映像素材について」のページをご覧下さい。

○主催
富山水辺の映像祭運営コンソーシアム

○問合せ・作品送付先
富山水辺の映像祭運営事務局
(担当)富山市 都市再生整備課 まちづくり推進係
〒930-8510  富山市新桜町7番38号
TEL:076-443-2112   FAX:076-443-2190
e-mail: toyamamizube2008@thinktoyama.jp
http://www.thinktoyama.jp/


○表彰
クリスタル・サンダー賞  賞金50万円 (両部門から1作品のみ) 
ゴールデン・サンダー賞 賞金15万円 (各部門で1作品) 
シルバー・サンダー賞   賞金10万円 (各部門で1作品) 
とやま特別賞  [(株)牧田組提供]   賞金10万円  (両部門から1作品)
※ その他、協賛企業による副賞・特別賞を用意します。

■Think home賞  作品制作費30万円 (富山、長崎両映像祭から1点)
(富山、長崎の両映像祭からテーマに即した作品をそれぞれ選考し、一般投票を行い、最も支持を得た作品の制作者に対し、2009年映像祭のオープニングPVの制作費を副賞とするものです。)

○審査員
長友 啓典(アートディレクター)
本木 克英(映画監督)
西島 治樹(メディアアーティスト・富山大学芸術文化学部講師)
伊東 順二(アートプロデューサー・富山大学芸術文化学部教授)

○授賞式
2008年11月16日(日)


※応募に関する各種条件や、提供する映像素材等の利用条件、また、応募作品の個人情報の取り扱いなどの、公募要項につきましては、「公募について」のページをご確認下さい。

お問い合せ

富山水辺の映像祭運営事務局
[ 担当 ]
富山市 都市再生整備課
まちづくり推進係

〒930-8510
富山市新桜町7番38号
TEL:076-443-2112
FAX:076-443-2190
E-mail